解決へのステップ

自分は発達障害かもしれない・・・?

解決へのステップ

Q. 自分は発達障害かもしれない・・・?

A. あなたが今、困っていることをじっくりお伺いします。場合によっては、医療機関に同行する事も可能です。一番悩んでいることを一緒に考えていきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずは、ご来所いただき、お話をじっくり伺う中で、生活の中での悩み、自分自身の悩みや、今までどんな場面や理由でつまづいたかを共有します。

一人で抱えずに、一緒に悩みを解決しながら必要な連携機関(医療など)をお探しします。

 

<来所>

・お話をじっくりお伺いし、何が一番困っているのかをお聞きいたします。
・発達障害かもしれないと思ったあなたの特性を共有します。



<支援機関の紹介・連携>

[社会の中での支援]

家族の中で、会社の中で、友人関係の中で、うまくコミュニケーションがとれないなど、発達障害の特性から生じる「生きにくさ」をサポートする機関につなげていきます。

 

[連携機関の紹介]

①  自分の事をもっと知りたい。・・・適切な医療機関をご紹介します。
②  一人で行くのは勇気がない。・・・ 一緒に同行します。
③ 予約はどうやってとればいい?・・・最初の予約は私たちにお任せ下さい。
④ 障害の理解はできたけど仕事先が見つけられない。・・・障害をお持ちの方でもできる仕事を一緒に探しましょう。
⑤ 仕事はできないけど、やることがない、友達が欲しい。・・・同じ障害をお持ちの方々の集まる会などもご紹介いたします。

ほかの解決事例を見る

topにもどる